グレーのラインマーカーを比べてみました

グレーのラインマーカーを比べてみました

Todoを消す楽しみ

ひとつ仕事終わったときに「マイルドライナー・グレー」でTodoを消すと、めっちゃ達成感を感じれます(笑)
ただこの「マイルドライナー」は紙質によっては、結構裏移りするなぁと……。と思っていたところ他メーカーからも新製品が登場!!さっそく購入して試してみました。
 
フリクションライト ナチュラルカラー
今回比べてみたのは、比較的手に入りやすい以下の3つです。

 
 

まずは表面から

今回はその辺の家電量販店で買える「普通のコピー用紙」に書いてみました(使った用紙は坪量は68g/m²でした → 楽天市場へ)。
 
グレーマーカー比較・表注:実際の色味に近くなるように、補正をかけてあります
 
それぞれ同じグレーと言っても、かなり色味が異なりますね~。濃さは「マークタス > マイルドライナー > フリクションライト」の順ですかね。ただマイルドライナーはだいぶ使っているので薄くなってる可能性はありますが、フリクションよりは濃いですね(^_^;)

 

Advertisement

 
 

気になる裏面

さて、いよいよ裏移りの検証ですが、結果はこんな感じでした。
 
グレーマーカー比較・裏注:実際の色味に近くなるように、補正をかけてあります
 
「マークタス」と「マイルドライナー」は書き始めと書き終わりの部分に、溜りができてますね。「フリクションライト」は裏抜け感は感じられません。まぁもともと薄いですからね(^-^)
 
 

実際に文字を目立たなくしてみました

最後に文字の上をなぞってみた結果です。文字は「ジェットストームEdge(油性)」を使って書いてみました。
 
グレーマーカー比較・文字注:字が汚いのはご容赦くださいw
 
「マークタス」も濃いですが、元の文字はしっかり読むことができますね。ということで、文字を目立たなくするには3本とも色の好みで選んでOKかと思います(^-^)

 

Advertisement

 
 

ではどれを使う?

ということで、私的には今後どれを使うかというと「フリクションライト」ですかね(^-^)
 
最大の理由は「裏移りが少ない」点ですかね。
 

紙質によっては今回ほど差は出ないです

今回は違いを分かりやすくするために「コピー用紙」を使いましたが「マルマン・ルーズリーフA5(坪量:80g/m²)」なら、ここまでの差はでなかったです。
 
購入して使ってみないと分からないものなので、少しでも参考になれば幸いです(^-^)
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。